[Japanese]


もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら2
もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら2
全セット(全シーン) 250ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
購入するには、まず無料会員登録を行って下さい。
会員登録後、ポイントをご購入し
ポイントで商品をご購入下さい。


この作品の見方は、二通りある。まずは普通にミニドラマとして楽しんで頂きたい。ここは「もしも」の世界。誰もがくしゃみでもするかのように「マイボトル」に用を足す。恥じらうでもなく、さも当たり前のことのように…。もしもの世界観を堪能頂ける。次に、「ドラマというオブラートに包まれた羞恥プレイ」という見方だ。彼女たちは、「物凄く恥ずかしい」のに、「恥ずかしくない」という演技をしなくてはいけない。さらに「限界寸前」まで我慢しているのに、「その素振りを、あまり見せてはいけない」のである。大好評シリーズ第二弾!その我慢具合、ご覧いただければわかるように、もう、演技では誤魔化せないレベルなのである。非常に、興味深い。


(ユーザーランク指定) ランク指定なし


共通タグ  排泄屋  三雲亭便三  おしっこ  お得なタイトル販売  おしっこお漏らし 
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
我慢を隠す仕草と放尿を楽しむ作品
レビュアー: わたる
前作と比較しますと「教室での会話」と「OLの昼休み」はそのままに「学生の面接」と「女子アナウンサー」の4作品になりました。
入れ物の中にあるカメラがしっかりとおしっこが出るところを撮っていて、多方向から撮影した映像を同時に見れるのは良いなと思います。

今回良かったのは、1人目の細身の子で前が見えなかったので確実にそうかはわかりませんがパイパンなお股から長く量の多いおしっこが出ていてその姿が美しかったです。
2人目の子も良くて、面接中に受け答えをしつつ、こちらも量が多くて黄色めなおしっこが結構出ていて、あどけなさがもあり好きでした。結構おしっこが我慢出来そうに感じるのでこの子で他のシリーズ(おしっこ全力我慢シリーズでこの子の我慢姿を見てみたい気持ちがあります)にも出て貰えたらいいなと思いました。

感想の試みも良かったですが、この作品の良さは「トイレと羞恥の概念がない」という設定で繰り広げられる世界観で、似たような設定で全然良いのでやはりいろんな女の子でまた見たいと思います。
シリーズ化されてとても良かったです。

新しい試みは
レビュアー: DR尿
相変わらず我慢を隠そうとしている仕草が良い。特に2人目が尿意がきつ過ぎるのかしどろもどろになっている様に興奮を覚えた。
1人目はジーンズにシミ(尿はねか)が見て取れて良かった。公衆トイレから出てきた女性の尻付近は良く見ようと思わされる描写だった。
撮影後に感想を聞くというのは新しい試みだと思う。が、個人的にはあっても無くても良い気がした。