[Japanese]


膀胱観察14 限界立ちション編 排泄実験観察シリーズ34

膀胱観察14 限界立ちション編 排泄実験観察シリーズ34
全セット(全シーン) 250ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
1人目(シーン1) 100ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
2人目(シーン2) 80ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
3人目(シーン3) 80ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
4人目(シーン4) 110ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
購入するには、まず無料会員登録を行って下さい。
会員登録後、ポイントをご購入し
ポイントで商品をご購入下さい。


女性は曲線で出来ているとは良く言ったもので、おしっこを我慢している女性というのは、膀胱がふくらみ、なおさら曲線が際立っている。本作はそのお腹のふくらみが、放尿時にどのように凹んでいくのかを観察する。
今回はウワサの膀胱女王が遂に登場!
1000ccをゆうに越すおしっこをため込む巨大膀胱がドッシリと主張し、放たれる予定の大量尿への期待感を誘う。
その他の子たちも個性豊かにおしっこを我慢し放出、あっちこっちへ噴き出させている。中には我慢と撮影への羞恥から、尿とは違う液体を分泌させる子も…
爆尿、エロ尿、四者四様の立ちションを、丸々と膨らんだ膀胱と併せてどうぞ。
女体のフェチ感を、おしっこと共に。


さくら。清楚ギャル。どういうわけか感じまくっているので、尿なのか愛液なのか、とにかくお股がびっしょびしょ。放尿前に悶えつつ、愛液がトローリと垂れる様が実にエロティック&ダイナマイツ。

さえこ。やや甘えん坊な口調に萌えキュン。放尿が思い切り左へ逸れ、軌道修正しようと右側へと舵を取るが、時既に遅し。

ゆり。終始淡々としているが、独特な雰囲気を持つ。慎ましやかな大和撫子の立ちションは、シトシトと少し遠慮気味に容器へと降り注ぐのであった。

ゆき。言わずと知れた膀胱女王の、風船の如くパンパンに膨らんだ膀胱が大記録を予感させる。長時間の放尿で記録するは異次元の1.2L。多量のおしっこが容器の外へ跳ね飛んだにも関わらず、だ。

1人目のさくらちゃんは、みほちゃんとして監修風俗『排泄堂』に所属しています。
みほちゃんのプロフィールはこちら


(ユーザーランク指定) ランク指定なし


共通タグ  排泄屋  三雲亭便三  おしっこ  お得なタイトル販売  実験観察シリーズ  チャプター売り対応  三雲亭尿漏 
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
面白い
レビュアー: ssgss20k
何度かこの作品を見させていただいてますが、会話のやり取りが面白いと個人的に思いますね。尿の飛ぶ感じも個人差があるんだなと、膀胱の膨らみも多種多様で面白いです。
1人目は粘液を出してしまうほど切羽詰まっていて我慢の限界が伝わってきました。

立ちション
レビュアー: ヨウヘイ
基本立ちションが好きなので、いいと思いますが、今度は、男性用小便器に見立てもので、立ちションして欲しいです。

女王だけで買う価値あります
レビュアー: yuu
他の方はいつも通りのクオリティです。
ただ、4人目の女王のインパクトが強すぎてかすんでしまいます。
過去の作品でも大量放尿ですが、今作でも大量に出しています。
じっとしていられない状態でなんとか質問に答えています。
大量のおしっこが膀胱に入って今にも漏れそうなのに、なんとか耐え抜く我慢力はすごいです。

本当にイイ人なので是非定期的に出演して欲しいです。

タプタプ
レビュアー: タプタプ
ゆきさんのファンなので今回の作品も購入しました。今回も圧巻でした。こぼしたの含めたら1.4、下手したら1.5も見えてくるくらいの量だと思います。ゆきさんの本当の本当の限界を知りたいです