[English]


Desperate women of documentary to put up with pee! 7
Desperate women of documentary to put up with pee! 7
全セット(全シーン) 500ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
1人目(シーン1) 90ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
2人目(シーン2) 70ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
3人目(シーン3) 70ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
4人目(シーン4) 90ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
5人目(シーン5) 70ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
6人目(シーン6) 70ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
7人目(シーン7) 90ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
購入するには、まず無料会員登録を行って下さい。
会員登録後、ポイントをご購入し
ポイントで商品をご購入下さい。


[FULL HD]You got to put up with pee earnestly to girls in front of the four unmanned camera, providing a rule that may be pissing you come time observation documentary of the devil version 7th her our behavior. Although quite held a desire to void at the starting point must be to put up with pee until the timer rings. And yet another timer appeared after the timer rang (+16 minutes) devil specification of patience until it is heard. While single-mindedly continued to put up with, talk about the episode about the pee, wiggle your feet and hips pressed by a finger, desperately withstand the urge to urinate is flopping. Even fleeting timer sounds was relieved, woman who is stunned to open the box. I put up with pee the while spitting the curse, but .... Pissing at the 2 angle editing. In time the child is there urine meter. Also measured, such as swelling of the bladder. Now his peeing 3 people. Limit Pissing 4 people. This series of rapidly evolving in the opinions of everyone born in the e-mail of the comrades A-like. I want you to feel the intense fetish pee put up what it is personality. Seven.


(ユーザーランク指定) ランク指定なし


sheard tag  excretion shop  Benzou  pee  selfie pee series  separately 
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
2 人目を購入
レビュアー: ミツワ
最初から両手で股間を押さえ,自己紹介すらまともにできないので名前がわかりません。開始後 20 秒で 「あーもうダメ」 とちびり,1 分 33 秒で 「待って待って」 と言いながら手の中にジョッジョッと大決壊。こんな子供みたいな我慢はなかなか見られません。

良い我慢姿&内股での失禁がGood!
レビュアー: zaat
一人目のみ購入。
(「おしっこ全力我慢!九」の五人目、「同シリーズ 番外編 弐」の一人目&六人目、「同シリーズ 八」、
それらも一緒に購入しました。そちらもレビュー書く予定)

さて本作一人目、とても良い我慢姿でした!
「足踏みタイプのモジモジ」と「膝(お尻)を上下に揺するタイプのモジモジ」、
どちらも見ることが出来ます。(前押さえは少なめ)

失禁も、立ち姿&内股で良かったです!

よく他の作品で、足元カメラをまたぐために、両足を広げての我慢(失禁)シーンを見ますが、
ちょっとガニ股っぽくて、恥じらいが足りない気がしてしまうし、
そもそも尿意を辛抱している女の子は、なるべくアソコの出口を閉ざそうと、内股で我慢するはず。

なので、個人的には「内股」がリアリティー感じます!
内股のほうが、女の子らしくて可愛いし。

ところで自分はシチュエーション作品が好きで、「あっち行って」系の作品、また期待してます!
で、シチュエーション作品でも、足元カメラのために、両足広げたガニ股ではなく、
「内股の我慢・失禁」をメインにして欲しい、と思いました!

【特に見たいシチュ】
■お天気お姉さんが生放送中に我慢・失禁。(本番前、喉のケアのためにお茶を何杯も飲んでしまい、猛烈に尿意を催すとか)
■かわいい彼女が、彼氏とペッティング中に激しい尿意を催す。(もしくは部屋デートの最中や、長時間のスローセックス中など)
ベッドでイチャイチャ中などに、気まずそうに「ちょっと、おトイレ行ってもいい?」
恥ずかしくて言い出せず、我慢に我慢を重ねていた様子の彼女。しかし彼氏は「ダメ」
最初はキュートに、「なんでー?ひどーい(笑)」「あたし、もれちゃうよ?」などと、もう我慢が限界なことを、やんわり申告する。
しかし行かせてもらえず。徐々に切羽詰まって、「お、お願い、おトイレ行かせて?オ、オシッコが、もれちゃいそうなの」などと言いながらモジモジ。
やがて、ベッドで仰向けのまま失禁。(或いは、ようやくトイレに行かせてもらえたのに、ドア(鍵)故障で入れない、とか)
男優不在で、着エロ風のバーチャル主観映像を希望。

後半、レビューから逸れて失礼しましたー