[English]


Desperate story
Desperate story
全セット(全シーン) 250ポイント「※右クリックして保存を選択してください」
購入するには、まず無料会員登録を行って下さい。
会員登録後、ポイントをご購入し
ポイントで商品をご購入下さい。


A situation that should not be an adult woman. The fourth work in the series where you can fully enjoy the shameful feeling that will destroy your dignity. This work is also produced with requests. In the Weather Sister Edition, a woman who was stopped by the director in the bathroom
While the landlady was interviewed,
In the teacher edition, teachers who are trapped in students
Another teacher edition is a female teacher who was studying a bad man. Four situations, “wetting mini drama”. Please enjoy.


(ユーザーランク指定) ランク指定なし


sheard tag  excretion shop  Benzou  pee  desperate  album  pee_leak 
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
お天気お姉さん編、興奮しました!(※この場を借りて、個人的なリクエスト再掲させて頂いております。そのまんまでなくても、セリフ面の要望…、少しでも良いので盛り込んで頂けるよう、ご検討お願いいたします)
レビュアー: zaat
一人目の子、声もルックスもかわいい!
こういう清楚で礼儀正しい子が、早くオシッコしたいのに、引き止められてしまい、なかなかトイレに行けない。。
超絶、好みのシチュエーションです!

トイレ休憩を求める際、「申し訳ないんですけど、ちょっと、お手洗いに行きたくて…」というセリフ、
最高でした!
申し訳なさそうで、でも早くオシッコしたくてたまらなそうで。
(トイレの許可を求めるセリフ、大好物です!)

欲を言えば、トイレのドア前で呼び止められている時、
「ドア、閉めてもいいですか?も、もう、オシッコが、もれちゃいそうなんです」とか、「お願いします?お手洗いに行かせて下さい?もう、我慢できないんです」とか、

そんな感じで、もうオシッコが漏れそうな状態だということを、
ディレクターに打ち明けるセリフが欲しかった!(モジモジ足踏みしたりしながら)
個人的に、そういうセリフが、何よりも興奮するので。

そういうセリフを楽しめるシチュ作品が、今のところ、ほとんど無いので、
今後、少しでも良いので盛り込んで欲しいです。
個人の好みで恐縮ですが。m(_ _)m
(私自身の目撃体験でも、女の子がそういうセリフを言いながら、トイレに行きたくてモジモジしている様子…、非常に興奮しました)

そして、それとは別に、

【リクエスト】
「もしも女の子がトイレに行く時、男に許可を求めなければいけない世界だったら」
荒唐無稽な「もしも」ドラマ。その世界では、男に許可をもらわないと、女性はトイレに行ってはいけないルール。

様々なシチュで、男にトイレの許可を求めるシーンから始まります。
恥ずかしそうに「あ、あの、トイレに行きたいんですけど、行ってきてもいいですか?」(彼氏や友達の男なら、敬語じゃなく)

しかし男は仕事中・食事中などで、「ちょっと待ってて」
女の子:「は、はい、なるべく早くお願いします」
男の近くでモジモジしながら、男の用事が終わるのを待つ。

その後も女の子は、モジモジ足踏みや前押さえしながら、何度もトイレの許可を求めるも、何度も断られ、
「お、お願いします?もう、もれちゃいそうで…。オシッコ…、もう、我慢できないんです…」
もう漏れそうな状態だと、何度も男に打ち明ける。
やがて我慢しきれなくなり失禁。